新庄剛志の伝説とグローブのいい話。歯並びが良すぎ、セラミック?現在嫁いるの?



今回も「新庄剛志」さんについて調査します。この記事では「新庄剛志」さんが現役時代にあった伝説、グローブに関する感動的な話歯並び、現在、再婚されているのか、について調べた結果をまとめています。

「新庄剛志」さんは、現役、現役後、数々の伝説を残されたスーパーヒーローです。少なくとも道民の多くはそう思っているはずです!

そんな「新庄剛志」さんの伝説について、調査を開始します。

新庄剛志の伝説。

新庄剛志」さんは日本ハム入団後、札幌ドームを満員にするという目標を立てておられました。その目標を達成するための計算でしょうか?

試合前に被り物をかぶってパフォーマンスを見せることがありました。上の画像は戦隊のマスクをかぶって試合に臨んだときの様子ですね。

こちらは「新庄剛志」さんのマスクをかぶったチームの皆さん。この日の試合は「新庄剛志」さんが5人いたにも関わらず負けてしましました。絶好調の「松阪大輔」選手に3安打完封。。

他にも、ダースベーダーに仮装したり、札幌ドームの天井から登場したり、ファイターズファンを盛り上げる為に、数々のパフォーマンスを見せてくれました。

「新庄剛志」さんの伝説といえば、これだけではなく、阪神時代にも数々の伝説を作られたようです。調べてみました。

・敬遠球打ってサヨナラ。ヒーローインタビュー『明日もかっーつ!』で12連敗
・99年6月12日敬遠打ちサヨナラ「明日も勝つ」→敗戦
・99年9月10日8回裏ガルベスから決勝本塁打、明日も勝つ→12連敗
・04年9月20日新庄幻のサヨナラホームラン、明日も勝つ→阪神は2連敗。、ファイターズもプレ ーオフ敗退
・04年4月02日札幌ドーム初戦ライオンズ戦で「明日も勝つ」→三連敗
・06年札幌ドーム お立ち台で「今年は優勝!」→阪神が中日との首位攻防戦で三連敗 「これから はパリーグです」→パリーグ存続の危機

敬遠球を打ってサヨナラ勝ちした試合は有名ですね。ヒーロインタビューで、「明日も勝つ」と言った次の試合がほぼ負けているというのは偶然の一致でしょうか?

インタビューでコメントした内容とは反対の事実が起きるというのは笑えますね。

面白すぎる「新庄剛志」さんですが、いい話もお持ちのようです。少しばかりご紹介いたいます。

日本ハム入団の決め手

日本球界復帰の際に日本ハム以外の球団からのオファーについて尋ねられた新庄氏は「実は一番最初に来た監督が(当時巨人の監督だった)原(辰徳)さんなんですよ。

『僕と一緒にユニフォームを着よう』。若大将や、と思いながら(電話を受けた)。

その後にボビー(・バレンタイン氏が当時監督を務めていたロッテ)が来て、その後に日ハムだったんですよ」と裏話を明かした。

確か、日ハム入団の決め手は、一番最初に誘われたからとおっしゃっていたと記憶しておりますが、実は巨人だったようですね。なぜ異なる理由を話していたのでしょうか?

新庄氏は「北海道に移転するという話を聞いて、俺一人の力でどれだけ人気のある球団にできるかという、それが一番でしたね」と答え、「かっこいいでしょ?」と自画自賛。

「日ハムですよ、マジで」と現在ほどの人気がなかった当時の球団を揶揄すると、浜田は新庄の頭に激しいツッコミを入れながらも「当時のね、わかるわかる」と納得していた。

テレ隠しなのでしょうね。地方に移転したばかりの弱小球団を、自分の力で人気球団にしたいとお考えになったようです。

札幌ドームを満員にしたいという目標の他に、日ハムを日本一にするという目標も立てられていたそうです。そして実現させました!

地元民としては、「新庄剛志」さんの功績に感謝しかありません。

グローブのいい話。

その年、北海道日本ハムファイターズを44年ぶりの優勝に導く原動力となった新庄選手は優勝翌日の引退会見で一つのグローブを前に言いました。

「タイガースの1年目に7500円で買った。こいつも「無理だ」と、「もうプレーできる限界だ」と言っていました。」

阪神タイガースに入団し、初任給で購入したグローブをずっと使い続けていたそうです。引退するタイミングもグローブが使えなくなった時というのは「新庄剛志」さんらしいですね。

何が「新庄剛志」さんをそのような思いにさせたのでしょうか?

新庄選手が一つのグローブを使い続けた理由は幼い頃から野球を教え込まれた父親に「商売道具を大事にしろ」と言われたから。

なのでグラブだけは常に大事に遠征先でもテレビの上に置いたり湿らさないようにしてきたといいます。

渡米後のMLB時代には同僚に誤ってスパイクで踏まれたり、引退までに4回は補修の大手術をしたそうです。

お父様の一言が、「新庄剛志」さんにグローブを大切にすることを決意させたようですね。それにしても、17年の間、同じグローブを使い続けたというのは、お父様を相当尊敬しているからなのでしょうね。

阪神からアメリカ、そして日本に帰ってきてからも同じグローブを使い続けるなんて、感動的な話ではないでしょうか。

引退試合のいい話

新庄氏は日本シリーズ最終打席での涙について「僕がユニフォームを脱ぐから泣いていたわけじゃないんですよ」と切り出した。

「僕ね、1球目見逃しました。そしたら(中日捕手の)谷繁(元信)さんが『おい新庄、泣くな』と(語りかけてきた)。

真っすぐ行くから、真っすぐを打て』という言葉に涙が出たんです」と告白した。

日本球界のみならず、メジャーリーグでも活躍した名選手に対する敬意なのでしょうか?相手チームの捕手である、谷繁さんが、花道を作ろうとしてくれたようです。

この試合は日本シリーズであるにも関わらず、「新庄剛志」さんに花道を作ってやろうとする心意気に、感動して涙がでたそうです。

「新庄剛志」さんの現役最後の打席で泣いたのは、野球をやめるからではなく、このような心使いがあったからなんですね。

「新庄剛志」さんのよな選手だからこそ、「谷繁」選手も花道をつくってやろうと思ったに違いありません。これも感動的な話ですね。

新庄剛志の歯並びが良すぎ

「芸能人は歯が命」というCMが昔流行しました。「新庄剛志」さんも歯の色が白く、加えて歯並びが綺麗です。ホワイトニングや、矯正をなされたのでしょうか?

また、いつからこのような綺麗な歯になったのでしょうか?気になりますので、調らべてみましょう。

セラミックなの?

何を隠そう新庄剛志さんは阪神タイガース在籍時に歯を全面セラミックにしていたんです。

ただこの時は歯をキレイにするということ以外にも歯を食いしばる時に欠けている歯の痛みで集中力が低下してしまうという理由もあり、なんと約500万円かけて全部差し替えたようです。

歯が白いのはホワイトニングではないようですね。

さらに調べてみた所、歯をセラミックの差し歯にする前に矯正もしているようです。加えて、奥歯を金歯に入れ替えたそうです。

ただ、見た目をよくするために治療したのではなく、野球の為に治療したようです。はやり、奥歯に問題があると、食いしばることが困難ですからね。

クリーンヒット、量産の為にいわゆる「口内大改造」を行ったという事ですね。

現在、新庄剛志に嫁はいる?

「新庄剛志」さんは以前、ご結婚されておりましたが、バリ島に移住したいが為に、離婚されております。まさに自由人そのものですが、現在は再婚されているのでしょうか?

調査してみましたが、現在の所、再婚はされていないようです。しかしながら、交際している方はいらっしゃるようで、とある番組で以下のようにコメントしています。

お付き合いしている彼女さんはバリ島で同棲している日本人らしいですが美人な一般人女性であることが分かりました。

たくさんのモデルとお付き合いしてきた新庄さんが最後に選んだ女性は「性格の良い女性」だったのです。

お付き合いしている方は一般人の方のようです。美人なモデルのような方のようですが、「新庄剛志」さんは性格の良い女性と説明していたようです。

美人で性格が良い方とお付き合いできるなんて、羨ましいかぎりですね。きっと、スーパースターに釣り合った、素敵な方なのでしょうね。

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 数々の伝説を残す、スーパースター。
  • 引退試合で泣いたのは、野球を辞めるからではなく、相手選手の心使いの為。
  • 歯並びや色が綺麗なのは、セラミック差し歯にしたから。
  • 現在、交際している方はいるが、再婚はしていない

「新庄剛志」さんの別の記事は下のリンクからどうぞ。

今回は「新庄剛志」さんを調査します。この記事では「新庄剛志」さんの現在の様子、現在の収入、顔が変わったと言われる噂、ろれつがまわらない理...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.