池脇千鶴の現在。彼氏は?結婚して子供はいるの?演技がうまい!

今回は「池脇千鶴」さんを調査します。この記事では「池脇千鶴」さんの現在の活動状況、恋人、結婚について、演技の評価について調べた事を記述しています。

「池脇千鶴」さんというと、演技力がバツグンで、尚且つ、体当たりの演技も行う、プロフェッショナルな女優さんというイメージがあります。早速調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

現在の活動

映画:
2018年 「万引き家族」
2018年 「半世界」
2017年 「きらきら眼鏡」
テレビ:
2017年 NHK総合 アフリカゾウの家族をつくる 28年間の記録」
2017年 TBS 『ごめん、愛してる』出演
2017年 Netflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」

公式ウェブサイトの情報によると、映画出演が主な活動になっているようです。現在も、阪本順治監督によるオリジナルストーリーとなる『半世界』という映画に出演されるようですね。

 

仕事を理由に家庭を妻に任せ、反抗期の息子にも無関心だったことに気づく主人公の紘役を演じるのは稲垣吾郎。

ある過去を抱え、仕事を辞め家族と別れて地元に戻る瑛介役を長谷川博己、紘と瑛介の同級生・光彦役を渋川清彦、紘の妻・初乃役を池脇千鶴が演じる。

クランクインは2月14日を予定。

主人公の妻役を演じるようです。クランクインは2月14日との事、既に撮影が開始されているのでしょう。

「池脇千鶴」さんの映画について調査を行っていると、「太った」というキーワードが目につきます。どういう事なのでしょうか?調べてみました。

太ったのはなぜ?

確かに顎回りが、ちょっとぽっちゃりしているようにみえます。どうも、これには理由があるようです。

二児の母親役を演じた池脇だが、「(プロデューサーから)『太ってくれ』って言われて。言うのは簡単でしょうよ」と苦笑いで述懐。

太った原因とは、2015年公開の『きにはいい子』という映画出演の役作りの為だったようですね。

「そのとき別の現場でも撮影していたので、今太っていくとつながりがおかしくなると言ったら、『そんなの関係ない』って。前の現場では、衣装がだんだんきつくなってくるのをごまかしながら撮影を進めていました」

前述の「言うのは簡単でしょうよ」というコメントには、単に太るというだけではなく、他の現場の事を考えて太るという意味も含まれているのかと推測します。

他の現場の事を考えながら体形をコントロールするのですが、かなりプロフェッショナルな女優さんですね。

 

スポンサーリンク

彼氏はいるの?

池脇千鶴さんの熱愛報道は2人と噂されました。まず、1人目が、俳優Aさんです。
2人目は、映画会社勤務の照明さん女優といえば、俳優が彼氏と思われがちですが、照明さんと交際することもあるようです。

交際の噂が流れております。演技力のある女優さんだけに、結婚引退し、その演技を拝見できなくなるのは、ある意味残念でもあります。

結婚の予定は、あるのでしょうか?調べてみました。

 

スポンサーリンク

結婚相手や子供は?

スペシャルドラマや、ゲスト出演などの単発ドラマの出演はあったものの、レギュラー出演が長い間なかったことなどから、テレビドラマをメインで見ている視聴者からは、結婚して子供ができたから、仕事を減らしているのではないか、という噂がたちました。

上記のような噂が立っているようです。事実について調査しましたが、2018年5月現在、結婚されている、お子様がいるという情報は確認できませんでした。

役柄上、母親を演じる事が多くなったという事と、仕事の中心が映画になってテレビでの露出が少なくなった為、仕事をセーブしているとというイメージが先行したのかと思われます。

「池脇千鶴」さんは結婚観について、以下のように語っております。

結婚しなくても幸せ。結婚したらしたで、また大変かなとも思う。
でも、一緒にご飯食べて、一緒に眠れるような人と、一緒になれたらと思いますね。

どちらかというと、結婚願望薄いような印象を受けます。仕事を優先したいのでしょうか?理想の相手については、以下のように答えているようです。

「女優の私のことを受け入れてくれて、愛してくれる人」

結婚によって、女優業を辞めるような事をしたくないのでしょうね。家庭よりも仕事を優先させてくれる、素敵なお相手を見つけてほしいと思います!

「池脇千鶴」さんの結婚について調べている中で、「演技がうまい」というキーワードが良く目につきました。演技についての評価が高いのは主観的に理解しておりますが、演技が評価されている点について、改めて調べてみました。

 

演技がうまい!

「池脇千鶴」さんは、数々の受賞歴があります。抜粋するだけでも以下の受領歴があります。

1999年度:
第23回日本アカデミー賞 新人俳優賞『大阪物語』
他。
2000年
第40回ACC CM FESTIVAL ACC主演賞受賞『三井のリハウス』
2002年:
第10回橋田賞 橋田賞新人賞受賞『太陽の季節』
2004年度:
第18回高崎映画祭 最優秀主演女優賞『ジョゼと虎と魚たち』
2013年度:
第38回報知映画賞 最優秀助演女優賞『舟を編む』『凶悪』『潔く柔く』
2014年度:
第38回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞『そこのみにて光輝く』
第9回アジア・フィルム・アワード助演女優賞『そこのみにて光輝く』

これだけの受領歴を見れば、演技が相当評価されているという事がわかりますね。ネット上の意見では、2017年方法の「ごめん、愛している」というドラマでの演技が高い評価を受けているようです。

「ごめん、愛してる」で池脇千鶴さんが演じる役柄は、主人公、岡崎律(長瀬智也)と同じ児童養護施設で育っていて、8歳の息子がいて、若菜自身は高次脳機能障害を持っている河合若菜という女性です。

ぱっと見、若菜は健常者のように見えますが、記憶障害や注意障害など、いくつかの障害が併発して日常生活支障が出ることがあります

交通事故で高次脳機能障害負った役を演じたそうです。どのようにして、役作りをすすめたのかを調べた所、

この役を作り上げるにあたって、この障害を理解するために自身で何度も取材に行き、関係者のかたにお話を聞いたんだとか。さすがの役者魂ですね。

関係者への取材をし、障害についての理解を深めたそうです。やはりプロフェッショナルな女優さんですね!

 

まとめ

今回の調査結果を以下の通り、まとめます。

  • 現在は映画撮影中
  • 役作りがプロフェッショナル。役の為なら太る事も厭わない
  • 結婚はしていない
  • 数々の受賞が、演技の高さを物語っている。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.