田中邦衛の現在。自宅で療養中?娘さんはNHKの職員(画像あり)!

今回は名作ドラマ、『北の国から』で主演を務めていた「田中邦衛」さんを調査します。現在の状況自宅で療養の理由娘さんの職業について調査しました。

 

プロフィール

本名: 田中 邦衛
生年月日: 1932年11月23日(85歳)
出生地: 岐阜県土岐郡(現在の土岐市)
身長: 167cm
血液型: O型
職業: 俳優
ジャンル: 映画・テレビドラマ・演劇
活動期間: 1955年 –
活動内容: 1955年:俳優座養成所入所
1957年:映画初出演
1973年:俳優座退座
配偶者: 既婚
著名な家族: 田中淳子(長女)

芸能活動は1955年からとなっております。長年の貢献により、2006年秋の叙勲で、旭日小綬章を受章されています。2018年4月現在、年齢は85歳との事。相当ご高齢ですが、お元気なのでしょうか。

非常に気になります。娘さんが著名な方との事。どのような方なのでしょうか。調べてみましょう。

現在の活動

2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』へ出演、以降俳優としては表舞台から遠ざかる。

ご高齢の為か、2010年以降、芸能活動を停止しているようです。どのような状況なのでしょうか。又、芸能活動以外で何か活動をなさっているのでしょうか。

2012年(平成24年)6月29日、『北の国から』ほか多くの作品で共演した地井武男が死去。8月6日に青山葬儀所で営まれた「お別れの会」では発起人の一人として名を連ねた。

参列者代表7人による「お礼の言葉」では、吉岡秀隆の介添えで最後に祭壇の前に立ち「おいらまだ信じられない」「会いたいよ! 地井にい(兄)、会いたいよ!」と悲痛な思いを地井の遺影に語りかけた。

2017年現在、この時の姿が公の前に立った最後の姿となっている。

2012年に故「地井武男」さんの葬儀に参列したのを最後に公の場に立っていないとの事です。『北の国から』の役、「黒板五郎」を思い出させるセリフでお別れの言葉を述べていたのを記憶しております。それにしても、「吉岡秀隆」さんの介添えが必要ということは、体力が大幅に低下している状況だったのではないでしょうか。

長ゼリフが入らない」ことを理由に仕事の依頼を断っていることが伝えられた。同日放送されたフジテレビの情報番組『ノンストップ!』では妻が電話取材に応え「体力的に厳しいと思います」と述べ、田中が休業状態であることを明かす一方で「演技をする夢は夫婦2人でずっと持って生活しています。

引退も何も、田中邦衛の人生そのものが役者ですから」と、田中の心情を思い「引退」との明言は避けている。

ご高齢の影響でしょうか。セリフが頭に入らないとの事です。役者は死ぬまで役者とよく聞きます。セリフを覚えられない自分に悔しい思いをしてるのではないでしょうか。

2015年(平成27年)、『週刊ポスト』(2015年10月30日号)にて施設に入居しリハビリ生活を送っていることが報じられた。

施設に入居し、リハビリをしているようす。なぜリハビリをしているのでしょうか。調べてみましょう。

「いまはホームで懸命にリハビリをしている最中です。自宅をバリアフリー化する話もあったのですが、本人が“リフォームする必要はない。しっかり(足を治してから帰ってくる”と言ってるほどで、気弱になっているところは微塵もありません。

長く入居することはないだろうと、タオルなどの日用品は全部、施設のものをお借りしているぐらいですから。本人はすぐにでも戻ってくるつもりでいます。

足を悪くしたようです。絶対に直すという強い意志もあるようなので、治癒にむけて努力されていたのだと推測いたします。誰にでも訪れる老化。それを支えるご家族も相当苦労をされたのではないでしょうか。

最新の情報を検索した所、「田中邦衛」さんは自宅に戻っているとの情報を検出しました。懸命にリハビリに耐えた結果でしょうか。

 

自宅で療養中?

テレビ局関係者のコメントによると、

「体調はあまりよくないと聞いていますよ。認知症の症状も出ているという話です。年齢も年齢ですので、以前と同じように元気になるとは考えにくいでしょう。

本当に施設を出る場合でも、それが必ずしも回復したとは限りません。最後に住み慣れた自宅に戻りたいという人もいます。そうでなければいいのですが……」

自宅に戻られたのは事実のようですが、体調は戻っておらず、認知症の症状も出ているようです。自宅に戻ったのは、老人ホームでは対応できない程、認知症が進んでいるという事なのかもしれませんね。

或いは、年齢も年齢なので、最後は自宅で迎えたいという事なのかもしれません。

近隣住民の方のコメントによると、

「施設から帰ってきたときも、“なにしろ足の状態が悪くて、ひとりではお風呂に入ることができないので、泊まらずに老人ホームに日帰りで帰らせているの”と、奥さんが言っていましたよ。最後に見かけたのは1年ぐらい前かな」

施設から帰ってきたというのは、老人ホームから一時帰宅したということでしょうか。足が相当弱っていたようですね。

最後に見たのは1年前位というのは、もちろんこの方が見かけたのが1年前ということであるとは思いますが、1年間自宅で寝たきりになっている可能性も否定できませんね。相当状況が悪いのではないかと思われます。

さらに近隣の方の話によると、

「はっきりいって、田中さんの体調は回復していません。認知症もかなり進んでいるようです。施設を出てからは家の2階にこもりきりで、外にはまったく出てこないようです。奥さん沈んだ表情で周囲に話していたと聞きましたよ……」

私も経験ありますが、老人の介護は素人、特に家族だと非常に疲労も消耗もします。沈んだ表情になっているというのは、かなり大変な状態になっているのだと思われます。少しでも回復し、再び、五郎のようなやさしい父親の姿を見せてもらいたいです。

「田中邦衛」さんを調査している中で、「娘」というキーワードが検出されました。どのような方なのでしょうか。検索しました。

 

娘さんはNHKのアナウンサー!

「田中邦衛」さんの娘さんは、「田中淳子」さんというNHKの職員でジャーナリストの方です。

名前:田中 淳子(たなか じゅんこ)
生誕: 1964年(53–54歳)
出身地:東京都
教育:上智大学外国語学部英語学科
職業:NHK職員、ジャーナリスト、NHK国際部デスク、前ワシントン支局長
家族 田中邦衛(父)

上智大学卒で、NHKに入局し、ワシントン支局長を務めあげているようです。とても優秀な方のようで、オバマ大統領の就任式生中継もされた方のようです。「田中邦衛」さんは役者だけでなく、子育てでも大成功した方なのですね。

 

まとめ

今回の調査結果を、以下の通りまとめます。

  • 現在は加齢により、セリフを覚えられないという事で芸能活動を断っている。
  • 老人ホームに入居し、リハビリを受けていた。現在は自宅療養をしている模様。
  • 近隣住民の話を総合的に判断すると、寝たきりの状態と推測される。
  • さんはNHK職員でジャーナリスト。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.