烏丸せつこの現在。古舘伊知郎に舌打ち!?火野正平、浜田省吾との関係は?

今回は「烏丸せつこ」さんを調査します。この記事では「烏丸せつこ」さんの現在の活動、昔、「古舘伊知郎」さんとトラブルとなった事件について、「浜田省吾」さんとの関係、「火野正平」さんとの関係について調査した結果を記載しています。

苗字は「烏丸」(からすま)という珍しい苗字ですね。「鳥丸」ではなく「烏丸」と記載するので検索キーワードを入力し間違える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

若い方は「烏丸せつこ」さんをご存じないのではないかと思われますので簡単にご説明しますと、当時は日本人離れのプロポーションと評価された、今で言う所のグラビアアイドル的な位置づけでデビューされました。

その後、『海潮音』という映画で女優デビューされました。魅力的な女性ですので、男性有名人の方と噂になることも多かったようです。「烏丸せつこ」さんの現在について、調査を開始します。

 

烏丸せつこの現在。

公式サイト等を調査した所、現在の芸能活動は以下のようになっておりました。

映画:
 2018年1月 祈りの幕が下りる時
 2018年6月 傀儡
 2018年10月 教誨師

TV:
 2018年9月 「十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川」

現在は、主に映画への出演を中心に活動されているようですね。映画を中心に活躍されているということは、演技力に相応の評価があるからと言えると思います。

演技についての評価について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

烏丸せつこが角田美代子役を怪演

「烏丸せつこ」さんを調査していると「角田美代子」というキーワードが目につきました。この「角田美代子」被告は、所謂、尼崎事件の主犯として逮捕、その後、留置所で自殺した人のようです。

尼崎事件(あまがさきじけん)とは、2012年10月に兵庫県尼崎市で発覚した連続殺人死体遺棄事件。

1987年頃に発生した女性失踪事件を発端に、主に暴行や監禁などの虐待により死亡したとされる複数名の被害者が確認されている。

この事件は、8名の方が亡くなり、書類送検された人数が17人と前代未聞の大量殺人事件だったようですね。

いまだに行方不明者がいるとの事、犯人は相当のサイコパスだったようです。恐ろしい事件ですね。

そんな事件の再現ドラマをどのように演じたのでしょうか?

烏丸せつこは、特殊メイクには頼らず、シワを描いて、カツラを着け、低音がずしっとくるドスのきいた声で鬼女・角田美代子を熱演

「角田美代子役の女優さん、めっちゃリアルだった」「まさか角田美代子役は烏丸せつこだったとは!」と、あまりのリアルさに、角田美代子を烏丸せつこが演じていたことに気づかなかった視聴者も続出し、その高い演技力に驚きの声が上がりました。

「角田美代子」被告の顔は、他サイトで確認できますが、一目見ただけで犯罪者という印象を受けます。そのイメージをかなり忠実に表現されていたようですね。

たしかに、上の画像を見ても、腹にイチモツを持つ、サイコパスのような印象を受けます。かなりインパクトのある演技だったのでしょうね。

「烏丸せつこ」さんを調査していると、個人名の検索キーワードが目に付きます。例えば、「古舘伊知郎」さん、「火野正平」さん、「浜田省吾」さんです。どのような関係があるのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

 

烏丸せつこが古舘伊知郎に舌打ち!?

フリーアナウンサーでタレントの古舘伊知郎(63)が3日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演。30年前に番組で共演した女優・烏丸せつこ(63)にマジギレし、バトル状態となっていたことが明かされた。

30年前に「古館伊知郎」さんとどのようなトラブルがあったのでしょうか?検索キーワードに表示されている「舌打ち」が関係するようです。

古舘が司会を務めるトーク番組「おしゃれ30・30」に出演した時のこと。

古舘が「本当に緊張してますね」と水を向けると、「チェッ」と舌打ちし、「すいませんね」と挑発するような視線を送られた。

その後も「申し訳ないんですけど、ふてくされてるように見えるんですけど」という古舘に、烏丸が「私、ふてくされてないですよ」と返すなど、生意気な態度は変わらず。

30年前というと、「烏丸せつこ」さんが32歳の頃になりますね。「古舘伊知郎」さんと同じ年齢とはいえ、舌打ちするのはちょっと失礼ですね。

その後、「古舘伊知郎」さんからフォローを受けるものの、生意気な態度を取ったようです。どのような態度かというと、ふてくされた態度で「別に」を連発したそうです。

当然ながら、その場面はカットされたとの事です。今でいうとエリカ様のような態度を先行して取っていたということでしょうか?その後、どのような状況になったのでしょうか?

 古舘もついに堪忍袋の緒が切れて「じゃあ何で来たんですか。来たからにはしゃべってください。トークショーですよ」とバトルが繰り広げられた。

さすがに、「古舘伊知郎」さんも怒ってしまったようですね。確かに、トークショーなので、話をしないと仕事になりません。「古舘伊知郎」さんが怒るのもしょうがないですね。

30年前の映像を見ながら「超生意気だね。生意気な目」とかつての自分にあきれ、「ものすごい反省してます、古舘さんごめんなさい」と謝罪

「映画の番宣で出たんだけど、本当に言葉が出てこなくて」と不機嫌な態度の理由を説明していた。

30年前のご自身の態度を反省し、「古舘伊知郎」さんに謝罪したようですね。言葉が出なかったというのは、緊張からなのでしょうか?

いずれにしても、30年ぶりに和解できたそうなので、良かったと思います。

 

烏丸せつこと火野正平の関係って?

調査してみましたが、「烏丸せつこ」と「火野正平」さんを関係づける情報としては、1980年に上映された「四季・奈津子」という映画の共演のみでした。

かなり話題となった濡れ場があったそうです。

 

烏丸せつこと浜田省吾の関係って?

浜省が、アルバム「愛の世代の前に」でブレイクした後、女優・烏丸せつこさんの為に曲を提供した事がありました。

浜田省吾」さんが「烏丸せつこ」さんに楽曲提供したことがあるようです。関係としては、それだけなのでしょうか?

当時、烏丸せつこさんがDJをしていたNHK-FMの「サウンドストリート」(月曜の夜でしたっけ?)で、省吾をゲストに招き、番組の中でこの二曲を放送していたのを覚えています。

省吾も、相手が若くて綺麗な女優さんだったので、結構ウキウキしながら出演?しており、「ハウスハウスフィッシュフィッシュの浜田省吾です」等と挨拶していました。

烏丸さんが「ハウスハウス‥(何それ)?」省吾「いぇいいぇいうぉううぉう(家家魚魚)(笑)」もう、出だしから乗り乗りの省吾(笑)。

浜省世代の筆者としては、このような事があったとは、ちょっと信じがたいです。あの浜省が「ハウスハウスフィッシュフィッシュの..」とおちゃらけるとは。。。

「いぇいいぇいうぉううぉう(家家魚魚)(笑)」

とは、浜田省吾の「愛の世代の前に」という曲の歌詞の一部ですね。自分の曲でオヤジギャクを言うほど、「烏丸せつこ」さんは魅力的な女性だったのでしょうね。

確かに、若い頃のお姿を拝見しましたが、ファッション誌の研究者・川本陽子さんが、「裸そのものがファッション」と言わしめるだけのスタイルでした。

しょうがないかもしれませんね。

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 現在は映画を中心に活動している。
  • グラビア出身の女優さんだが、演技力が高く評価されている。
  • 若い頃、「古舘伊知郎」さんとトラブルがあったが、30年ぶりに和解したと思われる。
  • 火野正平」さんとは、映画で共演
  • 田省吾」さんから楽曲提供されたことがある。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.