片平なぎさの現在(画像あり)。結婚歴はあるの?若い頃出演の手袋ドラマとは?

今回は「片平なぎさ」さんを調査します。この記事では「片平なぎさ」さんの現在の様子、ご結婚されているのか?若い頃、出演されていた伝説的ドラマについて調べた事をまとめています。

「片平なぎさ」さんというと、2時間サスペンスドラマの女王、「新婚さんいらっしゃい」の司会、後で説明する伝説的ドラマのピアニスト役が印象深い女優さんですね。

そんな「片平なぎさ」さんの現在について調査を開始します。



片平なぎさの現在(画像)。

TV:
 2018年4月 NHK デイジー・ラック
 2018年7月 日本テレビ 探偵が早すぎる
 2018年9月 テレビ東京 深夜!天才バカボン(アニメ)
 2018年10月 フジテレビ 坂上どうぶつ王国
 2018年11月 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車37

舞台:
   2018年11月 「セールスマンの死」

TV出演を中心に活動されているようです。ドラマはもちろん、バラエティ番組やアニメの声優にもチャレンジされているようですね。

又、『2時間ドラマの女王』らしく、「赤い霊柩車37」にも主演されているようです。このドラマは1992年に1回目の放送から、ずっと主演を演じられているみたいですね。

演技力の評価が非常に高いのでしょう、『2時間ドラマの女王』という冠はダテではないようです。

片平なぎさの髪型がかわいい!

「片平なぎさ」さんを調査していると、「髪型」というキーワードが目に付きましたので、調べてみました。

ロングの髪型のイメージが強かった片平なぎささんですが、年代にあわせて若々しさのでるショートのヘアスタイルに変更しています。

黒髪から茶髪にかえて、ふわっとしたパーマをプラスしているのもポイントです。

若々しさがでるのはヘアスタイルだけではないとは思いますが、画像を見る限り、確かに実年齢よりも若く見えますね。

その辺り、ヘアスタイルに詳しいサイトで調べてみた所、以下のようなコメントを見つけました。

片平なぎさの髪型にしたい方は案外多いようです。彼女は現在57歳の彼女は、年齢の割にはヘアスタイルは「おばさん」臭くはありません。

この年代でこの片平なぎさのような可愛らしいヘアスタイルが似合う方も、そうそういないのではないでしょうか? 

でも貴女がこの髪型にトライしたいと思っているのなら、とりあえず次の点には注意したほうがいいかもしれません。

基本的この彼女の髪型は、当たりまえかもしれませんが、この髪型が根本的に似合う方でないと、おそらくうまくいきません。

このサイトの情報によると、しっかり知識をつけて美容院に行かないと、「片平なぎさ」さんのような可愛くて、知的な様相にはなりにくいとの事です。

美を追求するにも、勉強が必要なのですね。

これだけ美しい「片平なぎさ」さんですので、きっと素敵な旦那様がいらっしゃるのではないでしょうか?その辺り、調べてみました。

片平なぎさに結婚歴はあるの?

結婚していたのかと思いきや、独身を貫いていました。もちろん子供もいませんでした。15歳まではお嫁に行くのが夢だったといいます。

意外にも、独身でいらっしゃるようです。お綺麗な方なので、引く手あまただっと思います。なぜ独身を貫いたのでしょうか?

片平なぎさは、なぜ独身のままなの?

22歳から33歳までの11年間、「新婚さんいらっしゃい!」(ABC朝日放送テレビ)のアシスタントを担当。

新婚さんたちのあけすけな話にびっくりして、ドラマと現実の違いを感じたそうです。

「結婚は人生の墓場」とよく聞きます。全ての人がそうとは限りませんが、結婚すると自分の時間が削られるのは現実として発生しますよね。

それが原因で、場合によっては夫婦仲が悪くなる事もよく聞きます。そのような現実を聞いてしまい、結婚に消極的になってしまったのではないでしょうか?

そして強かった結婚願望が「結婚って何?」という気持ちになり、結婚願望は消えていったということです。

「片平なぎさ」さんが「新婚さんいらっしゃい!」のアシスタントを担当されていた頃は、現在とはちょっと異なり、まだ女性が社会に出るという事も珍しく、決して男女平等という社会情勢ではありませんでした。

それであれば、結婚しなくても生活できるだけの収入さえ確保できれば独身のままの方がマシと思うのも当然といえば当然ですよね。

「片平なぎさ」さんを調査していると、「手袋」というキーワードが目に付きました。いわずもがな、伝説のあのドラマの事だと思います。

若い頃出演の手袋ドラマとは

「手袋ドラマ」とは、大映テレビ制作のドラマで、平均視聴率が視聴率が20%だった、『スチュワーデス物語』の事ですね。

「片平なぎさ」さん演じる、ピアニストが元恋人とスキーに行ったとき、事故にあって義手となってしまった為、義手を隠すために手袋をはめていました。

「手袋ドラマ」というキーワードはこのドラマの演出から発生しているのでしょうね。

『スチュワーデス物語』とは?

現在では「スチュワーデス」という言葉はなくなり、「キャビンアテンダント」と呼ばれています。

「スチュワーデス物語」とは、キャビンアテンダントの養成学校を舞台にしたドラマで、大げさな(正確には、わざとらしいセリフが小中学校の生徒にウケて、よく学校の話題になっておりました。

その、わざとらしいセリフが交差するドラマの中で、殺気際立つ演技をされていたのが、「片平なぎさ」さんです。

養成学校の教官である元恋人に執拗に迫る役でしたが、脅迫する際に義手にはめた手袋を口で外すシーンがありました。

強迫するときの決めセリフが「私の手を返せ‼」でした。当時は面白がって見ていましたが、大人になって意味が分かってくると、恐怖を感じざるを得ませんね。。。

それだけ演技力がズバ抜けていたという事だと、改めて思います。

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 現在もTVを中心に忙しく活動中
  • ご結婚はされていない。これからも独身を貫く模様。
  • 伝説的ドラマ「スチュワーデス物語」では殺気極まる演技を見せつけた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.