野茂英雄の現在。息子も野球人?住まいはどこ?引退後、太った?



今回はDr.Kこと、「野茂英雄」さんを調査します。この記事では「野茂英雄」さんの現在の状況息子さんの職業、住まいについて、引退後のお姿についてを調べました。

日本人選手としては史上2人目のメジャーリーガーで、「野茂英雄」さんがいたから、日本人選手がメジャーリーグに挑戦できるようになったと言っても過言ではありません。

まさに英雄(えいゆう)だった「野茂英雄」さん。現在について、調査を開始しましょう。

現在の状況

オフィシャルサイトの記載によりますと、現在の活動は以下のようになっていました。

特定非営利活動法人NOMOベースボールクラブ 代表理事
サンディエゴ・パドレス アドバイザー (2016年~)

現役引退後も野球に携わった仕事をしているようです。自身の野球クラブを持っていて、同時にサンディエゴ・パドレスのアドバイザーとして就任しているようです。
又、近年、野球解説者としても活動しているようですね。

現在の活動について、さらに掘り下げてみましょう。

ベースボールクラブを運営

NOMOベースボールクラブ(ノモ・ベースボールクラブ)は、兵庫県豊岡市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球のクラブチームである。

社会人野球のクラブチームを設立されたようですね。設立の理由は何だったのでしょうか?調べてみた所、

多くの才能ある若者たちが、野球を続けられる環境を求めているが、なかなか得られずにいる。そんな現実を知った元メジャーリーグ投手、野茂英雄さんは、プロを目指して奮闘する彼らの受け皿になろうと、NOMOベースボールクラブ(兵庫県豊岡市)を設立。

野球の夢をあきらめない環境を提供するなんて、「野茂英雄」さんは人間力もメジャーリーガーですね。すばらしい貢献だと思います。

クラブでは、特に年齢制限は設けていない。今春高校を卒業したばかりから、大学や社会人のクラブで野球をしてきた20代半ばまで、幅広い年齢層の選手たちがそろう。関西を中心に、東京や福岡など全国各地から、野球ができる環境を求めて集まってきているのだ。

野球クラブなので、専業で野球をするのは経済的に非常に困難です。この問題を解決する為、以下のような工夫がなされたようです。

2013年1月に、豊岡市での活動を開始した。移転後は、こうのとりスタジアムをメイン球場とし、その他兵庫県立但馬ドームなど豊岡市内の4施設で活動する。

豊岡市内に城崎温泉を擁することから、所属選手は城崎温泉旅館協同組合に加盟する旅館・ホテルで働くとともに、勤務先や市が提供する寮で生活するようになった。

球団近くの旅館、ホテルで働きながら野球の練習ができるようにしているようです。又、NPO法人として認証を受けることで、税金の面でも優遇されるようにしたようです。

プロ野球選手と同条件という訳にはいきませんが、野球を継続できる環境は整っているようです。この球団から第二、第三の「野茂英雄」先週が現れる事を期待したいですね。

アドバイザーに

パ軍は、野茂氏が球団編成部門のアドバイザーに就任したことを発表。同氏は球団を通し「パ軍に加わったこと、メジャーに戻れたことを大変うれしく思う。

2016年2月、「野茂英雄」さんは、メジャーリーグベースボールのチームである、「サンディエゴ・パドレス」のアドバイザーに就任したそうです。

過去、メジャーリーグでの成果を評価されて「野茂英雄」さんをアドバイザーに指名したのでしょうか。調べてみると、

パ軍は近年、日本での事業展開スカウト活動に力を入れており、昨年11月には球団幹部が来日して野球教室を行い、斎藤隆氏(45=元楽天)をインターンとしてフロントに招聘(しょうへい)するなど、日本との関係強化を進めてきた。

日本での事業展開と、優秀な日本人選手の選出を狙っているようです。事業とは野球教室の運営でしょうか。恐らく、若い優秀な選手に目をつけようとしているのではないでしょうか。

「野茂英雄」さんは社会人のクラブチームも持っているので、クラブチームの中の優秀な選手を紹介してもらうという目的もあるのでしょうね。「野茂英雄」さんに選出された優秀な選手が海外で活躍できる事を期待したいですね。

息子も野球人?

野茂英雄氏(46)の長男貴裕氏(22)が、来季から日本ハムの通訳を務めることが26日、分かった。来年1月に発表される予定。

今季は5月31日から2日間、球団通訳のインターンシップに参加。球団幹部は「米国生活が長く野球英語経験が豊富」と評していた。

12月に米国の大学を卒業したばかりで、球団が公募していた通訳に応募し、採用される見込みとなった。1軍を担当する予定。

「野茂英雄」さんというと、メジャーリーグで活躍したというイメージが強く、お子様がいるというのは想像しずらいですね。失礼ながら、お年もお年なので相応のお子様がいらっしゃいます。そして、通訳として日本ハムに務めているようです。

「野茂英雄」さんの息子さんなので、当然、小さい頃アメリカで暮らしていておりました。生の英語環境で暮らしていたのですから、通訳としては何も問題はないのでしょうね。

住まいはどこ?

「野茂英雄」さんを調査していると、「住まい」というキーワードが検出されました。よく見かけるキーワードですが、ほとんどが情報なしとなるキーワードでもあります。

案の定、お住まいに関連する情報は見つけることができませんでした。

引退後の体形

「野茂英雄」さんは2008年に現役を引退しております。その後、日本球団のアドバイザーコーチ解説者として活躍されておりますが、はやり、現役から離れてしまうと体にお肉が付きやすくなるのでしょうか?^^;

写真を見る限り、すこし恰幅がよくなったように見えます。

まとめ

今回の調査結果を以下の通り、まとめます。

  • 現在は、ベースボールクラブの運営、メジャーリーグのアドバイザー解説者として活躍。
  • 息子さんは日本ハムの通訳を務めている。
  • 現役引退後、恰幅の良い体形に。

最後まで読んでいただき、ありがとうござました。

スポンサーリンク

シェアする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.