松島トモ子は現在結婚しているの?なぜ動物に襲われた?若い頃かわいい!

今回は「松島トモ子」さんを調査します。この記事では「松島トモ子」さんの現在の様子、ご結婚はされているのか、過去に動物に襲われた事件について、若い頃の様子について調べた事をまとめています。

「松島トモ子」さんと言うと、海外で動物に襲われたというショキングな事件を思い出します。そんな「松島トモ子」さんの現在について、調査を開始します。

 

松島トモ子の現在

「松島トモ子」さんは公式サイトを運営されていらっしゃならないようなので、ネット上の情報から調査してみました。

結果、現在は主だった芸能活動はされていないようです。芸能活動意外の活動としては、慈善活動の一環として車いすダンス、それから、介護に関する講演を行っているようですね。

慈善活動の一環として車いすダンスという競技を経験した松島トモ子は、今ではNPO法人日本車いすダンススポーツ連盟の理事を務め、自身の講演では、車いすダンスのデモンストレーションやショーも行うなど、車いすダンスの普及に力を注いでいます

大会では優勝経験もある松島トモ子。もともとバレエをしていたので、ダンスの表現力には、かなりの見応えがあるのかも知れません。

踊ることが大好だったそうで、3歳の頃からバレエを習い始めたそうです。芸能界デビューのきっかけもバレエだったそうです。

「小さなバレリーナ」としてニュース映像で取り上げられ、それを観ていた坂東妻三郎さんと松田定次監督スカウトをされて、芸能界デビューをします。

ニュース番組で取り上げられ、さらに、「坂東妻三郎」さんらの目に留まるということは、相当の腕前だったのでしょうね。

介護についての講演については、実体験に基づく介護経験についてお話をしているようです。

スポンサーリンク

介護につての講演

松島さんは、子役時代から二人三脚でともに歩んできた96歳の母親が認知症であることを告白。

しっかり者の母だったので、まさか認知症になるとは」と当時の心境を語り、「最初は何が起こっているのか分からず、地獄のような日々だった。親子心中を考えたこともあった」と明かした。

しっかりしていた親が、日常生活ができなくなってしまう認知症。誰の親でも起こりえますし、自分自身も発症する可能性があります。

親子心中まで考えたという事は、介護うつを患ったのでしょうか?こればっかりは、体験した人でなければ理解できない作業です。

御年、72歳で96歳のお母様の介護をされているとの事、完全な老々介護ですね。個人的な意見ですが、相当大変であろうということが推測されます。

スポンサーリンク

結婚しているの?

そんな家庭環境だったようですが、ご結婚はされているのか調べてみましたが、ご結婚はされていないようです。

ご主人がいらっしゃると、介護を分担できるのでしょうが、独身を貫いているのは、出生からの状況が起因しているのではないでしょうか?

「松島トモ子」さんは戦前に満州で生まれたそうです。お父様はシベリアに抑留され、殉死されたようです。

戦後、お母様に連れられて満州から日本に引き上げてこられた際、残留孤児にはせず、日本に連れてきたお母様を見捨てることはできないことが容易に理解できます。

ご結婚されなかったのも、結婚するとお母様との時間が減ることを好まなかったからではないかと思います。

 

松島トモ子はなぜ動物に襲われたの?

「松島トモ子」さんを調査していると、「ライオン」というキーワードが目に付きます。調べてみると、番組の撮影中にライオンに襲われた事があるとの事です!詳しく調べてみましょう。

松島トモ子は、1986年のTV番組「TIME21」の撮影のためにケニアへ行き、誰もしたことのない恐怖体験をします。

それは、言わずと知れた、ライオンとヒョウに相次いで噛まれるも生還したという衝撃的な体験でした。

なんと、ライオンだけでなく、ヒョウにも襲われたとの事です。一体、何があったのでしょうか?

松島トモ子は、はじめライオンに噛まれ、10mあまりも引きずられたことで頭部がパックリと割れ、大量出血したにもかかわらず、近くに病院がなく、瀕死の状態に陥ります。

翌朝ようやく病院に行きましたが、「6時間以上経った猛獣の傷には雑菌が入っているから縫わない」方針で、傷口は縫合されなかったそうです。

ライオンの保護区で7頭のライオンが集まってきた際、ガイドの後について観察をしていた所、7頭のライオンの中に子ライオンがいたらしく、後ろから襲われたそうです。

ライオンとしては、子ライオンを守ろうとして取った行動なのでしょうね。近くに病院はなく、救助を要請したらしいのですが、夕暮れであった為、軽飛行機が着陸できず、翌朝まで待っていなければならなかたそうです。

大量出血している中、翌朝まで待たなければならなかった所、非常に不安だったと思います。

スポンサーリンク

ライオンだけでなく、ヒョウも

自身の不注意に責任を感じたのでしょうか、なんと3日後には病院を抜け出し撮影を再開した松島トモ子。

頭部がパックリ割れた状態で、ヒョウのいる動物保護区へ赴いたのです。そこで2度目の恐怖に襲われることになるとは、誰が予測できたでしょうか。

大けがを負い、医者からはしばらく入院を勧められていたにも関わらず、撮影を再開したのは責任感からなのでしょうね。責任感が強い方のようですね。

 

松島トモ子を再び襲ったのは、ヒョウでした。ヒョウに噛まれた時は、ライオンに襲われたとき以上に想像を絶する体験だったため、自身もなかなか口外できなかったという松島トモ子。

後に語られた当時の様子は、首の骨がガリガリと音を立て粉砕し、血が噴き出し、「死んだ」と思いながら気絶したというものでした。

ライオンに続き、ヒョウにも襲われたようです。調べた所、第四頚椎粉砕骨折だったらしく、あと1mmでもずれていたら確実に死亡していたとの事です。

「松島トモ子」さんがヒョウに襲われた際の症状について、学会発表される程、奇跡的な状態だったそうです。

 

松島トモ子の若い頃がかわいい!

田村正和さんの父親であり銀幕スターだった阪東妻三郎さんの目に留まる程の美少女だった松島トモ子さん。
若かりし日の松島トモ子さんが橋本環奈さんに似ていると噂になっているようです。

芸能界デビュのきっかけが坂東妻三郎さんの目に留まったからなので、相当な美貌だったと思います。昭和初期の美少女という感じですね。

 

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 現在は芸能活動を行っていない模様。慈善活動や講演を主に行っている。
  • 結婚はしていない。独身。
  • 番組の撮影で、ライオンだけでなく、ヒョウにも襲われたが、無事生還している。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.