沢田研二の現在(画像)。息子は一人?自宅は京都なの?若い頃はイケメン!

今回は「沢田研二」さんを調査します。この記事では「沢田研二」さんの現在の状況息子さんの情報、お住まいはどのなのか?お若い頃のお姿について調査した結果を記述しております。

「沢田研二」さんは1960年代後半に流行した、グループサウンズ全盛期に「ザ・タイガース」というバンドのボーカリストでした。

バンド解散後は、ソロシンガー、俳優として活躍されておりました。端正な顔立ちと美しい歌声で、当時の女性を魅了したとの事です。

尚、「沢田研二」さんは「ジュリー」という愛称で呼ばれていました。由来は、女優のジュリー・アンドリュースのファンだったからだそうです。

そんな「沢田研二」さんの現在について、調査を開始します。



沢田研二の現在(画像)。

昨年(2017年)は芸能生活50周年記念だったようで、ライブを中心に活動されているようです。往年の名曲、「勝手にしやがれ」「時の過ぎゆくままに」をはじめとする50曲を、フルコーラスで、ほぼノンストップで歌い上げたそうです。

元祖ビジュアル系バンドのボーカルだった、「ジュリー」ですが、70歳を迎えても精力的に活動されているようですね。ファンからの声援が活動を下支えしているのでしょう!

こちらの画像は、さらにお年を召したイメージを受けますが、役作りの影響だそうです。音楽劇、「大悪名」では僧侶を演じていたようで、役作りのために丸刈りで登場されたようです。

当然ながら、ファンはビックリしたでしょうね。このライブの前に、若かりし頃の映像が流れたそうですが、ご本人は「先ほどの映像は私ではありません。私の親戚の子です」と冗談を言って、笑いを取っていたとの事です。

 「私も69歳になりました。50年たって、こんなにいっぱいのお客さんの前で歌えてうれしい。この幸せをかみしめたい」と語った沢田。

ファンに向かって「ありがとう」と何度も口にし、ラストでは歌いながら感極まっていた。

ファンを大切にしていることがわかるエピソードの一つですね。「沢田研二」さんのファンがいまだに大勢いらしゃるのも納得できます。

「沢田研二」さんにはお子様がいらっしゃるとの情報を見つけました。2世として活躍されているのでしょうか?さっそく調べてみましょう。

沢田研二の息子は一人?

マスコミの取材によると、息子がいることが判明しています。

その息子は、1979年生まれで『澤田一人(かずと)』さんという名前のようですが、ネット上には沢田研二さんの息子、澤田一人さんを表すような画像や情報は上がっていません。

この理由として、沢田研二さんの息子の澤田一人さんは、芸能界にはデビューしておらず、音楽関係の仕事をされている一般の方とされています。

検索キーワードに、「息子」「一人」というキーワードが表示されておりましたので、てっきりお子様は一人っ子という意味で解釈しておりました。

そうではなく、お名前が「一人」(かずと)さんという方のようですね。一般の方との事なので、これ以上の情報は見つけることができませんでした。

一説によると、「沢田正人」さんが「沢田研二」さんの息子ではないかというがあるそうです。

ただ、実は芸能界で『沢田正人』さんという歌手の方がおり、年齢を公表していないことからこの方が沢田研二さんの息子さんなのではないか、と言われている方がいます。

とはいえ、この方の画像を見ても、年齢的に40代近くには思えませんし、滋賀県米原市出身で家族構成が『父・母・弟』ということですので、沢田研二さんの息子さんではないといえますね。

「沢田研二」さんを彷彿とさせる、ビジュアルではありますが、状況が違ますので、はやり噂であって、真実ではないようです。

沢田研二の自宅は京都なの?

両親の実家がある鳥取県で生まれ京都で育った沢田研二さん。沢田研二さんの実家は今も京都にあり、観光名所のようになっているようです。

現在、沢田研二さんの自宅は京都ではなく横浜市の中区にあります。横浜市中区には桜木町や元町・中華街、横浜スタジアムに山下公園があり「これぞ横浜」といった地域です。

沢田研二さんは奥さんの田中裕子さんと仲良く散歩する姿を度々目撃されています。

ご本人がご了承されているのかは、わかりませんが、yahoo知恵袋には観光スポットとしての「沢田研二」さんのご実家について説明している記事がありました。

ただ、京都のご実家については住んでいらっしゃらないようで、現在は横浜市にお住まいとの事です。

「沢田研二」さんは齢、70歳を迎えらえれております。奥様である、田中裕子さんと仲良く散歩されているとの事、老後はこうありたいですね。

沢田研二は若い頃、イケメン!

現在と昔ではイケメンの定義は違えども、沢田研二のその中性的な魅力は変わらないカッコいいものだといえます。

今も昔も、イケメンの条件は中性的だったのでしょうね。ただ、他サイトの情報によりますと、「沢田研二」さんは中学生のときは番長だったとの事。

今の時代、番長という存在はいないと思いますので、簡単に説明しますと、腕力を伴ったカリスマリーダと言った所でしょうか。

昔の沢田研二の画像はとってもセクシーで、若い頃の沢田研二は他の芸能人にはない魅力があったといえます。

昔の沢田研二がステージに立つと、観客が失神してしまうほど熱狂的なファンが居たほどです。

そういったエピソードを含めて沢田研二の若い頃の人気を知ることが出来ます。

昔の映像等を見ていると、コンサートに来た女性の方が叫びながら失神してしまうというシーンを見た事があります。

今では管理上の問題としてネガティブに取り上げられそうな出来事ですね。

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 現在はライブ活動を中心に活動している。
  • 齢、70歳にして、50曲をフルコーラスで歌い上げている。
  • 元祖、ビジュアル系バンドのボーカリストだった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.