和久井映見の現在が激太り?若い頃かわいい!演技がうまいんだな、これが。

今回は「和久井映見」さんを調査します。この記事では「和久井映見」さんの現在の様子若い頃のお姿演技力について調査した結果を記載しております。

「和久井映見」さんというと、演技で数々の賞を受賞している実力派の女優さんというイメージがありますね。そんな「和久井映見」さんの現在について調査を開始しましょう!



和久井映見の現在の活動

TV:

2017年4月  NHK 連続テレビ小説 ひよっこ
2017年10月 テレビ東京 ユニバーサル広告社〜あなたの人生、
売り込みます!
2018年1月 テレビ朝日 スペシャルドラマ必殺仕事人

映画:
2017年5月 LAST COP THE MOVIE

CM:
サントリーコーヒー「プライド オブ ボス『海女』篇

TV、映画、CMと一通りのメディアに出演はしているようです。以前清楚な女子の役で青春ドラマのような作品に良く出演されていたと記憶しております。

最近といえば、はやり「必殺仕事人」の、「花御殿のお菊」役が印象深いですね。以前の必殺仕事人の作品でいうと「山田美鈴」さん的な位置づけの役です。かなりの大物女優と言えるのではないでしょうか。

又、サントリーのBOSSはハリウッド俳優の「トミー・リー・ジョーンズ」が出演しているクオリティの高いCMで有名ですが、こちらのCMにも出演なさっております。

クオリティの高いCMだからこそ、演技力のある俳優が起用されるはずなので、はやり演技力が高く評価されているという事なのでしょうね。

調査を進めていると、「激太り」というキーワードが目につきました。ドラマやCMを見る限り、太っているようには見えないのですが、いったいどういう事なのでしょうか?調べてみましょう。

スポンサーリンク

激太りって本当?

調べてみましたが、どのサイトも若い頃と比較して太ったというような記事がほとんどでした。

個人的にはほとんど太っていないし、まして激太りと言えるほどではないと思うのですが、あなたは、いかが思いますでしょうか?

確かに若い頃の「和久井映見」さんはドラマのイメージがあるのかもしれませんが、はやり、かわいいですね。

そんな若い頃の「和久井映見」さんのお姿について振り返ってみましょう。

 

和久井映見の若い頃かわいい!

若い頃に若く見える人って、年齢とともにドンドン劣化しちゃうことが多いんですが、和久井映見さんはそんなことありません

今現在もお年の割りには、かなりかわいいと思います。若い頃は当たりのドラマによく出演されていた影響もあるのか、かわいいという印象しかありません。

和久井映見さんといえば、わたくし同年代ですが20年以上前に放送されたいわゆる月9というトレンディードラマに出ていた頃の彼女を思い出します。

あの頃の和久井映見さんはかわいかった。

役柄的には、ちょっと強気な役が多かったような覚えがあります。数々のドラマ出演によって「和久井映見」さんの演技力は磨かれていったのでしょうね。

 

和久井映見の演技

2017年、NHK朝ドラ『ひよっこ』に出演された「和久井映見」さんの演技についての評価は以下の通りです。

中年になった和久井さんの演技が、実にキラキラと輝きを放っている。彼女らしさが際立っている。出演者の中で頭ひとつ抜け出ている──そう言ってよいのではないでしょうか。

長年の経験でしょうか。はやり演技が際立っているようですね。冒頭に記載させてもらったとおり、数々の賞も受賞されております。まとめてみますと、

1991年:
第15回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞・新人俳優賞
第65回キネマ旬報賞 助演女優賞
第4回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞
第15回山路ふみ子映画賞 新人女優賞
1993年:
第17回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞
第17回山路ふみ子映画賞 女優賞
2004年:
第42回ギャラクシー賞 個人賞(テレビ部門)
2005年:
第13回橋田賞
2008年:
国際ドラマフェスティバル:東京ドラマアウォード 助演女優賞
2017年:
第9回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞

主演女優賞よりも、助演女優賞の受賞数が多いようです。つまり、幅広い演技ができるという事なのでしょうね。

近年はメディアへの露出が減少しているようですが、持前の演技力が発揮できるよう、ご活躍いただきたいものです。

「和久井映見」さんはTV、映画だけでなく、CMにもよく出演されますが、過去に放送されたCMで流行語にもなったCMがあります。

ちょっと調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

「うまいんだな、これが。」

1992年から1994年まで放映されていたサントリーモルツのCM。
イメージキャラクターに萩原健一、和久井映見の2人を起用し、「うまいんだな、これがっ。」のキャッチフレーズが流行

1993年に「うまいんだな、これが」が流行語になったと記録がありました。バブル崩壊直後の頃でしょうか。ビールを飲んだ後、「うまいんだな、これが」とつぶやく同僚が大勢いたことを思い出します。

 

まとめ

今回の調査結果を以下の通りまとめます。

  • 現在はドラマ、映画、CMと一通りのメディアに出演
  • 若い頃から変わらず、かわいい
  • 演技力の評価が高いんだな、これが。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.